Googleマイビジネスの新機能「検索クエリ」をMEO対策で活用

Googleマイビジネスの新機能「検索クエリ(ビジネスの検索に使用された検索語句)」をMEO対策で活用する方法についての解説です。

MEO対策の効果を測定するための方法として、Googleマイビジネスのインサイトにおけるレポート機能活用方法を以前説明しましたが、実際にMEO対策を行っていく中でどのようなキーワードで、MEO対策の効果を発揮しているのかということは、これまで把握することができませんでした。
しかし、この度Googleマイビジネスのインサイト内で、「検索クエリ(ビジネスの検索に使用された検索語句)」が確認できるようになりました。

今回はこちらの「検索クエリ」の見方や、Google検索やGoogleマップ上でユーザーがどのような行動をしてGoogleマイビジネスに辿り着いているのかを把握するためのコツを、詳しく説明していきたいと思います。

\MEO対策の無料相談はこちらから/

03-6690-1621

受付時間10:00~18:00(土・日・祝休み)

メールでのお問い合わせはこちら

インサイトの新機能「検索クエリ(ビジネスの検索に使用された検索語句)」でわかること

まずはインサイトの新機能「検索クエリ(ビジネスの検索に使用された検索語句)」とは一体どのようなものなのかを説明します。

「検索クエリ」はGoogleマイビジネスのインサイトの項目の中にある「ビジネスの検索に使用された検索語句」という箇所です。
「検索クエリ(ビジネスの検索に使用された検索語句)」では、ユーザーがGoogle検索ならびにGoogleマップにおいて、どのような検索ワードを使用して、対象のGoogleマイビジネスを発見しているのかということと、そのキーワードでどのくらい検索されているかを確認することが出来ます。
期間は直近1ヶ月間、もしくは直近1週間分のデータが確認できます。
どのような検索ワードを使用して、対象のGoogleマイビジネスを発見しているのかということと、そのキーワードでどのくらい検索されているかを確認することが出来ます
また、報告されている不具合として、インサイト内に「検索クエリ(ビジネスの検索に使用された検索語句)」の項目自体が表示されていないケースがあるようです。2018年8月28日現在、Googleはこちらの公開要項を公表しておらず、原因は不明となっております。
公開されたばかりの機能のため、順次すべてのGoogleマイビジネスに適用されるかと思いますので、現段階で確認ができない場合にも表示がされるのを待ちましょう。

「検索クエリ(ビジネスの検索に使用された検索語句)」で、MEO対策の効果測定ができる

前項では「検索クエリ(ビジネスの検索に使用された検索語句)」の見方を説明しましたので、実際にこのデータから具体的に何がわかるのかを説明していきます。

MEO対策を行う上では、予め複数のキーワードを選定して、そのキーワードにおいて上位化がなされるよう施策を実施していきます。
これまではMEO対策を開始してから実際に上位化が成功し、それによって着信数やウェブサイトへの遷移数の変化等をインサイトから確認、そこからユーザーの行動数を把握し効果測定を行うことができましたが、「検索クエリ(ビジネスの検索に使用された検索語句)」が確認できるようになったことで、実際にMEO対策で実施しているキーワードにおいてGoogleマイビジネスが、Google検索ならびにGoogleマップ上でどの程度発見されているのかを確認することができるようになりました。

ただし現時点で、「検索クエリ(ビジネスの検索に使用された検索語句)」の数値はユーザーの行動数のように過去のデータをCSVで抽出することができないため、定期的に数値を確認し、実際にどの程度の増加があったのかをご自身で把握しておく必要がありますので、その点注意が必要です。MEO対策を実施する前の状態での、「検索クエリ(ビジネスの検索に使用された検索語句)」を、記録しておくようにしましょう。

「検索クエリ(ビジネスの検索に使用された検索語句)」から、MEO対策で今後すべきことを把握する

ここまでの説明で、MEO対策を実施し、実際にユーザーがどのようなキーワードからGoogleマイビジネスを発見しているのかを把握できているかと思います。
この「検索クエリ(ビジネスの検索に使用された検索語句)」のデータに基づき、現在対策を行っているキーワードが適切なのかどうかを判断していきましょう。

例えば、あるキーワードにおいて上位化はしているものの、そこまで表示回数が伸びていない場合には、あまりMEO対策の効果を発揮できていない可能性が考えられます。インサイトの表示回数だけで判断するには少々根拠として弱いものになりますが、念頭に置いておくべき内容ではあります。

逆に想定していなかったキーワードにおいてある程度表示回数が伸びている場合には、見込みのあるキーワードであるとも考えられます。そういったキーワードで上位化されていないのであれば、上位化に成功することでMEO対策の効果をさらに実感することができる可能性を含んでいます。

また同時に、Googleマップにおける広告の出稿を検討している場合には、こちらのキーワードから選定をしていくことも可能です。

まとめ

以上がGoogleマイビジネスの新機能「検索クエリ(ビジネスの検索に使用された検索語句)」をMEO対策で活用する方法についての解説でした。

これからGoogleマイビジネスの活用が更に盛んになっていくことが予測されます。
今後も様々な新しい機能の追加が期待されますので、当サイトでは随時新着情報を更新していきたいと思います。

MEO対策のご相談については、MEO対策お問い合わせフォームにて承っておりますので、お気軽にご相談ください。