飲食店が絶対やるべき集客方法を紹介!MEO対策で人気店になろう

飲食店 集客

飲食店で重要な集客

飲食店 MEO

飲食店の運営では、集客がとても重要ですよね。飲食店を経営している方のなかには、集客方法に悩まれている方も多いと思います。いくらおいしい料理を作ったり、プロのスタッフを雇っても食べてくれるお客さんがいないと経営するのが難しいのが現実というもの。

集客には、チラシやティッシュ配り、雑誌・新聞に広告を出す、看板、WEBサイト・SNSなどなど、色んな方法が考えられます。

これらの集客方法のなかでも、ポータルサイトやキュレーションサイトと呼ばれる「ぐるなび」や「食べログ」「Retty」ような媒体は、飲食店に大きな影響力を持っています。食べログで高評価をとったりすると、多くのお客様が訪れるという話もあります。

確かにぐるなびや食べログに掲載することで、お客さんを増やすことができるでしょう。ただ、こういったサイトに掲載するのには大きな費用が必要となります。

個人経営の飲食店は基本的に単価が高くありませんし、あまり広告費をかけることもできないと思います。そんな店舗オーナーさんに必要なのは、なるべく費用を抑えられて集客効果のある施策だと思います。

\MEO対策の無料相談はこちらから。全国対応/

混みあっている場合にはおかけ直しください。

03-6690-1621

受付時間10:00~18:00(土・日・祝休み)

メールでのお問い合わせはこちら

飲食店の集客方法まとめ

飲食店 集客方法

まず、一般的な飲食店の集客方法を紹介します。もちろん、すべてを使う必要はありませんが、使っていないものがあったら利用してみてください。

1.看板

お店の看板や店の前に置く黒板などのことです。お店の前を通りかかる人にアピールすることができます。看板によってお店の存在を知らせることができますし、黒板などに自店のこだわりやお得な情報を掲載することで、お店に興味を持った人に来店してもらうことができます。

お店の前を通りかかる人だけにしかリーチすることができないので、効果は低いと考えられます。ただし、お店に看板は必須ですし、黒板の費用は高くないので行うべき手法でしょう。

2.チラシ

新聞や雑誌などへの折り込みチラシなどのことです。これらはチラシの作成費用と掲載料がかかります。お店周辺の家に自分でポスティングをするという方法もあります。

家の近所の人にリーチできるので一定の効果が見込めると思いますが、チラシを受け取る人はお店を探している人ではないことが多いです。いわゆるニーズが低い人たちなのです。そんな人が来店する可能性は低いので、チラシは費用対効果がよいとはいえない方法かもしれません。ただし、単価が高い商品を販売している場合などは1件売れるだけでも利益が出るので、行う価値があるでしょう。

3.メルマガ・DM

これはチラシに近いですが、一度訪れたお客様にアピールすることができる集客方法です。メールアドレスや住所の情報を集めることで、そのお客様に自店のニュースやお得な情報を届けることができます。

これは一度来店いただいているお客様に送るので、一度も来店していないお客様よりも集客効果があると考えられており、自店の存在を思い出してもらうのにも有効です。

ただし、メールは見ていない人が多いのと、DMの場合は作成する費用が必要なので、あまり集客効果があるかはわかりません

4.フリーマガジン

よく駅や書店のマガジンラックに置いていたり、各戸に無料で配られる冊子のことです。現在、フリーマガジンは約1500ほどのフリーマガジンが発行されているようです。

フリーマガジンのなかには継続発行されているものも多く、その効果があるということが見受けられます。地域の情報を求めている人にアピールができるので、一定の効果を見込むことができます。ただし、フリーマガジンはお店の周辺の人にアピールができますが、冊子に掲載されている店舗が競合になります。

フリーマガジンに掲載するには、費用が必要です。この費用を考えると、他店よりも強みがある場合にはよい方法かもしれません。

5.WEBサイト

お店のホームページのことです。

「地域名+業態」などのキーワードでの検索結果で上位表示することで、お客様にアピールすることができます。たとえば、「焼き鳥 上野」などのキーワードで上位表示することで、集客をすることができます。

ただし、現在では食べログやぐるなび、ホットペッパーのような、あらゆる店舗を掲載しているサイトが上位に掲載されていますので、自店舗のサイトで上位表示するのは難しいでしょう。

ですので、おもしろい企画を作りそれをブログで発信することで、食に関する価値のある情報を提供して、そのような情報に興味のある人を集客するのがよいでしょう。

また現在では、検索するユーザーはスマートフォンを利用しているので、食べログなどから自社サイトに遷移したときにスマートフォンに最適化されたWEBサイトを見せるのがよいです。スマートフォンには対応するようにしましょう。

6.クーポンサイト

「グルーポン」や「PONPON」などのような、共同購入クーポンサイトのことです。これらのサイトにお得なクーポンを掲載して、集客を行う手法です。通常価格よりも割引いた金額でサービスを提供することで、これまで店舗のことを知らなかったユーザーに来店してもらえます。

ただし、通常よりも安い金額で提供することになるので、一度の来店では利益を得にくいです。来店で成功報酬が必要になるので、その費用も負担となります。リピーターになっていただき、2度3度と来店してもらわないと利益を得るのは難しいです。ですので、サービスに自信がある店舗はやって損はないでしょう。

7.LINE@

日本国内のLINEのアクティブユーザーが7,600万人を超え、その影響力は大きなものとなっております。そんなLINEのサービスのひとつである「LINE@」。店舗などの企業が一般ユーザーと友達となり、ニュースやキャンペーン情報、クーポンを届けることができるサービスです。

来店いただいた際に、LINE@に登録していただくことで、いつでも情報を提供することができます。来店後にお得な情報が届くことで、再来店率を上げることができます。

フリー・ベーシック・プロのプランがあり、フリーは無料から利用することができます。クーポンがあったり、お客さんに親近感を持ってもらいたい場合にはとりあえず始めるのがよいといえます。

8.SNS

FacebookやInstagram、Twitterなど、あらゆるSNSをユーザーは利用しています。このSNSを集客に使っている店舗も多いです。

こういったSNSでブランディングをしたり、ユーザーとコミュニケーションを取ることで親近感を高め、来店につなげることができます。また、このようなSNSでは広告を流すこともできるので、SNSから集客をすることも可能です。

ただし、SNSとはあくまで個人が利用するものなので、そこでビジネスの情報を掲載しても反応は低く、お店の情報を紹介するだけだと集客は難しいかもしれないと思っておいたほうがよいでしょう。写真やメッセージなど、自社をブランディングする工夫をする必要があります。

飲食店におすすめの集客方法MEO

次に、上記の集客方法以外を探している飲食店のオーナーの方に、費用を抑えながらも効果的な集客方法であるMEOをご紹介いたします。

MEOとは、Googleの検索結果上にあるマップ枠に自分の店舗の情報を表示する、「マップエンジン最適化」のことです。

MEOを行うには、まず「Googleマイビジネス」で自店のページを作成します。この作成は無料でできます。

マイビジネスへの登録が終わったら情報を最適化=MEOを行っていきます。MEOを行うことで、特定のキーワードで調べたときにマップ部分に自店を掲載することができます。次からはMEOのメリットを説明します。

MEOとは何なのかということが知りたい人は、『MEO対策とは?初心者でもわかるMEO対策のやり方とメリットまとめ』の記事を参考にしてください。

\MEO対策の無料相談はこちらから。全国対応/

混みあっている場合にはおかけ直しください。

03-6690-1621

受付時間10:00~18:00(土・日・祝休み)

メールでのお問い合わせはこちら

MEOによる飲食店のメリット5つ

MEO マップ

MEOのメリット1.費用対効果が良い

MEOでは、Googleのマイビジネスの情報を最適化したり、外部施策を行います。MEO会社の単価は月間2万円程度のことが多いです。

もちろん安かろう悪かろうでは意味がないですが、しっかりとMEO対策をしてくれる会社であれば、検索結果のマップ枠に表示できる可能性が高いです。検索結果のマップ部分3枠に表示されると多くのユーザーの目に触れることになります。それに伴い来店数も増えるので、月間2万円というのは費用対効果がかなり良いといえるでしょう。

MEOのメリット2.エリアビジネスに強い

飲食店は店舗を構えていて、お客様はその地域の方が多いと思います。つまり、地域に根付いたビジネスなのです。

MEOはこのようなエリアビジネスで真価を発揮します。MEO対策の目的は、Googleの検索結果のマップ枠です。あるキーワードを検索したときには、その目的に近いお店がこのマップ部分に表示されます。

例えばご自分の携帯電話で「ラーメン」と検索してみてください。そうすると自分のお住いの地域のラーメン屋さんがこのマップに表示されると思います。このようにマップ部分に表示されるので、店舗のあるエリアのお客様を集客できるのです。

MEOのメリット3.競合からシェアを奪える

集客にMEO対策を行うことで、競合の客を奪うことができます。

というのも、MEO対策を行うとGoogle検索結果のマップ部分に表示をします。ここには、周辺のお店が表示される、つまり自店の周辺の店舗が出るのです。これらの競合店よりも上位に表示されることで他店の順位を下げ、競合店のお客様を奪うことができます

MEOのメリット4.成果がでるのが早い

MEOでは、マイビジネスの情報の編集や外部対策を行うことで対策を行います。Googleはこの変更された情報もとに、検索結果のマップ部分の順位に反映します。

Googleの検索結果への反映は早いので成果が出るのもかなり早いです。早いものでは1週間で結果が出たりもします

他の集客方法では、準備や成果が出るまでに時間がかかりますが、MEOでは早く成果がでます。ですので、日々の集客が重要な飲食店に特に向いている手法といえるでしょう。

MEOのメリット5.来店率が高い

MEOでは、あるキーワードで検索した人にマップで飲食店を見せ、来店につなげます。このキーワードは目的であることが多いので、意欲の高い人に自店の情報を見せることができるのです。

例えば、先ほどと同じようにスマホで「ラーメン」と調べている人がいます。この人は「ラーメンを食べたい」と思っており、ラーメン屋さんを探している可能性が高いです。このような人に近くにある評価の高いラーメン屋さんが表示されたらどうでしょう?来店しますよね?

このように、MEOでは目的のはっきりしている人を集めることができるので成約率が高く、売上に与える影響が高いのです。

飲食店のMEO対策の集客実績を紹介

弊社が施策を行ったMEO対策のお客様で、実際に成果の出た事例を紹介します。

東京の飲食店【ワインバル】

店舗の特徴

幅広い種類と価格のワインを取り揃えている立ち飲みワインバルです。料理もフリットやマリネ、ハムなどワインに合うものを提供しています。駅からほど近い場所にあるアクセスのよい店舗です。

選定したキーワード

  • 地名+ワイン
  • 地名+貸切
  • 地名+バル+宴会
  • 地名+女子会+おすすめ

MEO対策の効果

MEO施策効果

MEO施策は10月から開始したのですが、「検索のリスティング」つまり、対象店舗がGoogleの検索結果上で該当のビジネス情報が発見された回数は当初平均約100から平均約250くらいに増えています。

MEO対策の効果

ユーザーの行動はどのようになったでしょうか?上の結果を見てみると、「ウェブサイトへのアクセス」「ルートへのアクセス」が少しずつ増えています。さらに、「通話したユーザー数」も施策開始前はなかったのですが、増えてきています。

このようにMEO対策を行うことで、検索結果で表示されている回数も問い合わせの回数も増えたのです。現在はまだ成長途中であり、ここからさらに集客数を増やすことができる可能性もあります。

まとめ

今回は飲食店の集客方法を紹介しましたが、参考になりましたのでしょうか?最後に内容をまとめます。

飲食店の集客に関して、チラシやフリーマガジン・DMなどの昔から活用されている広告は、商材のターゲットとなるユーザー以外にも届いてしまったり、広告色の濃いものはユーザーに避けられがちでコンバージョンにはつながりにくい傾向にあります。

メルマガ配信やLINE@、SNSなどを有効に活用することで、確度の高いお客様へクーポンや最新情報を定期的に配信することが可能です。リピーターの囲い込みには力を発揮しますが、新規顧客の開拓にはあまり向いていないといえます。

現在注目されているMEO対策は、上述してある効果測定をご覧いただければ分かる通り、インプレッションの獲得には非常に優秀なツールとなってきました。想像してみて下さい。MEOでインプレッションを獲得し、ご来店頂いたお客様へ最高のサービスを提供、SNSやLINE@などを活用してお客様にリピートして頂く。そんなことができるというのは、とても理想的ではないでしょうか?

この記事を読んでWEBマーケティングに大きな可能性を感じて頂けましたら幸いです。

\MEO対策の無料相談はこちらから。全国対応/

混みあっている場合にはおかけ直しください。

03-6690-1621

受付時間10:00~18:00(土・日・祝休み)

メールでのお問い合わせはこちら

MEOの記事一覧に戻るにはこちらから