Googleマイビジネス投稿機能の活用方法について

Googleマイビジネス投稿機能の活用方法

Googleマイビジネス投稿機能の活用方法について解説していきます。

皆様はGoogleマイビジネスの投稿機能をご存知でしょうか?今回はGoogleマイビジネスの投稿機能についての詳細と、実際の活用方法について触れながら、店舗からどのようなアプローチができるかどうかを詳しく掘り下げながら説明していきたいと思います。

こちらの投稿機能を活用することで、ユーザーが必要としている有益な情報をタイムリーに発信していくことができるようになり、より効果的に情報をアピールでき、また店舗のブランディングにもつながります。

パソコンの操作やインターネットの知識がなくて不安という方も、1から順を追ってご説明していきますので、こちらを読み終える頃には投稿機能を使いこなせるようになります!

\MEO対策の無料相談はこちらから/

03-6690-1621

受付時間10:00~18:00(土・日・祝休み)

Googleマイビジネス投稿機能とは

MEO対策に効果的なツールのGoogleマイビジネス投稿機能

まずはGoogleマイビジネスの投稿機能の歴史についてですが、2017年6月22日に公開された、Googleマイビジネスを運用する店舗のための比較的新しい機能です。そのため投稿機能自体を知らない、活用していない店舗の方がまだ多いため、今から投稿機能をたくさん活用していくことで、競合他店より情報を豊かにでき、目立たせていくことができるようになります。

Googleマイビジネスの投稿機能では、写真や画像も併せて掲載することが可能で、手頃にプレスリリースをすることができるようなイメージです。

それだけにとどまらず、投稿機能はもっと幅広い用途で活用していくことができます。詳細な設定方法は後述いたしますが、オンライン上で投稿機能を見たユーザーに対し、行動を促すための機能がたくさん用意されています。

尚、現時点では下記の機能が搭載されています。

イベントの作成

セールを実施する場合や、セミナー・相談会などのスケジュールを発信する際に、とても便利な機能です。

詳細ボタン

投稿機能には文字数制限があります。そのため投稿でユーザーの目を引いた後に、その詳細を明記したサイトへ誘導させることが可能です。

予約

美容室や病院など、予約を要する場合に活躍する機能です。

申し込み

イベント等の催事の参加申し込みに利用できます。

購入

投稿機能で新商品等のプレスリリースを行い、そのまま購入までユーザーを誘導することが可能です。

クーポンを入手

割引クーポンや特別招待券などの配布ができます。

Googleマイビジネスの投稿機能は、上述の機能を活用しながら、効果的に来店数や購買数などを伸ばしていくことができるとても便利なツールです。

Googleマイビジネス投稿の掲載場所

ご自身が投稿した記事はどこに記載されるのかというと、Googleのオーガニック検索結果と、Googleマップ内で確認することができます。

PCの場合は、店舗名や屋号等で検索をすると、検索結果右側にナレッジグラフが表示されます。こちらの店舗情報の下部に、投稿が掲載されます。

スマートフォンの検索結果では、『電話』『経路案内』等のアイコンの直下に表示されるようになります。

Googleマイビジネス表示画面01

Googleマップ上においても店舗名または「地域名_業態」等のキーワードで検索をした後、該当する店舗の情報を選択すると、詳細情報の真ん中あたりに投稿が表示されるようになります。

Googleマイビジネス表示画面02

表示対象の投稿が複数ある場合には、横に投稿が並ぶ形になり、スライドをさせることで複数の投稿を一覧で確認することができます。

Googleマイビジネスの投稿はどこからできるのか

Googleマイビジネスでオーナー登録がお済みの方であれば、どなたでもこの機能をご利用いただくことが可能です。Googleマイビジネスのオーナー登録がお済みでない方は、以前の記事Googleマイビジネスの登録方法についてをご参考に登録をしてみてください。

まずはダッシュボードの右側にある、『投稿』ボタンをクリックします

Googleマイビジネス投稿画面01

下記の画面に移動しますので、『投稿を入力』をクリックします。

Googleマイビジネス投稿画面02

ポップアップが表示されたら、まずは文章を入力しましょう。
また、写真を掲載する際も『写真を添付して、投稿を目立たせましょう』をクリックしてアップロードをします。

Googleマイビジネス投稿画面03

もし投稿をイベントとして登録する場合には、『この投稿をイベントにする』をオンにします。イベントのタイトルと、開催期間を入力します。こちらの情報を入力することで、検索結果等に表示された際にひと目でその情報がわかるようになります。

その他の機能を活用する場合には、『ボタンを追加する』をオンにします。ひとつの投稿に対し設置できるボタンは1つのみです。いずれかを選択して、誘導先のURLを入力しましょう。

Googleマイビジネス投稿画面04

ポップアップの上部右側にある『プレビュー』をクリックして、投稿の内容を確認します。こちらの内容で問題なければ、『公開』ボタンをクリックして完了です。

Googleマイビジネス投稿画面05

Googleマイビジネス投稿機能の注意点

MEO対策に効果的なツールGoogleマイビジネス投稿機能の注意点

Googleから公式の発表はありませんが、投稿が検索結果上などでユーザーに対して表示がなされるのは、投稿を行ってから7日間の期間限定となっているようです。ただし、イベント作成をして期間を設定している場合にはおそらく、投稿日に関わらずイベント終了日までは表示が継続するようです。こちらの情報に関しては、Googleから公式の発表等があり次第随時更新していきます。

また、同様にイベント作成時における注意点ですが、Googleマイビジネスの投稿機能では1年ほど先のイベントまで掲載ができるようになっています。しかし、あまりにも先の予定を掲示してもユーザーが求めている情報とかけ離れてしまうため、イベント期間と投稿のタイミングについてはよく考えて投稿を行うようにしましょう。

まとめ

以上がGoogleマイビジネスの投稿機能についての解説です。
まだ公開されて間もないサービスのため、これからどんどん新しい機能が追加されていくことが予測されます。こちらの記事においても新しい情報が入り次第、随時更新をしていきたいと思います。
Googleマイビジネスは手軽に無料で使える非常に便利な集客ツールです。まだ導入されていない方は是非登録の上、ご活用されてみてはいかがでしょうか。