Googleマイビジネスの登録方法について

Googleマイビジネスの登録方法について

Googleマイビジネスの登録方法について、様々なパターンに対応した登録方法を、実際の画面とともに解説をしていきます。

Googleマイビジネスに登録を行なうことで、Google上での店舗集客にまつわる行動の幅を広げることができます。MEO対策の効果を得ることができたり、ストリートビューの導入ができるようになるのが代表的な例ですが、それだけでなく、Googleマイビジネスにきちんと情報を登録することが、店舗集客においては非常に重要です。

詳細はこちらの記事「Googleマイビジネスの集客効果と活用方法について」で紹介していますので、こちらも併せてご確認ください。

\MEO対策の無料相談はこちらから/

03-6690-1621

受付時間10:00~18:00(土・日・祝休み)

メールでのお問い合わせはこちら

登録前にGoogleアカウントを用意する

MEO対策に効果的なGoogleアカウント登録

Googleマイビジネスへ登録を行なうには、Googleアカウントが必須です。アカウントをお持ちでない方は、まずこちら「https://accounts.google.com/SignUp?hl=ja」からGoogleアカウントの登録・取得を先に行うようにしましょう。

店舗を新規登録する

まずはこちら「https://www.google.co.jp/intl/ja/business/」のページから、店舗の登録を行います。
このページが開けたら、先程作成したGoogleアカウントでログイン後、上から順に情報を入力していきます。

Googleアカウント 登録画面

「ビジネス名」は店舗・施設の名称を入力します。チェーン店等であれば、○○店などの詳細な店舗名まで入力するようにしましょう。

※ここで店舗名を入力した際に、プルダウンで店舗名と住所等が表示される場合は、Googleによって店舗情報が自動生成されているか、或いは既に誰かがオーナー確認を済ませている可能性がありますので、こちらの手順は飛ばしていただいて、Googleで情報が自動生成されている場合の対応または既に誰かがオーナー確認を行っている場合をご覧ください。

ビジネス名の入力が終わったら、「住所」「電話番号」も間違いの無いように正しく入力します。「カテゴリ」は登録される店舗の業態を入力します。例えばヘアサロン等の場合、「美容室」と入力をすると候補が複数プルダウンで表示されますので、その中から選択します。「ウェブサイト」は店舗の既に作成されているホームページのURLがあれば、そのURLを入力します。食べログやホットペッパー等のURLでも問題ありませんし、省略することも可能です。

すべての入力を終えて、「続行」ボタンをクリックします。
その際に、「この住所が見つかりません。入力した住所が正しい場合は、地図のマーカーの場所をお客様のビジネスの地点に設定してください。」という表示が出てくる場合があります。この表示が出たら、「マーカー場所を設定する」ボタンをクリックして、赤いマーカーを地図上の正しい場所にドラックしてピンを立て、「完了」ボタンをクリックします。

オーナー確認をする

前項の作業が終わったら、オーナー確認の手続きを行います。
下記の画面に切り替わったら、先程入力した内容に再度間違いがないかを確認して、問題なければ「このビジネスを管理する権限を持っており、利用規約に同意します」のチェックボックスにチェックを入れ、「続行」をクリックします。

Googleアカウント オーナー確認画面1

そうすると、「確認コードの受取方法をお選びください。」という表記とともに「郵送」というボタンが表示されます。そのボタンをクリックしたら、担当者となる人の宛名を入力し、手続きを完了させます。

Googleアカウント オーナー確認画面2

上記の一連の手続きを完了させると、店舗の新規登録をした際に入力した住所に、Googleから確認コードが記載された葉書が郵送されます。手続き完了から、葉書が手元に到着するまでの日数は場所により異なるようです。葉書が手元に届いた後は、Googleマイビジネスのトップページから、該当する店舗の「オーナー確認を行う」というリンクをクリックします。

Googleアカウント オーナー確認画面3

そうすると下記の画面に切り替わりますので、届いたハガキに記載されている確認コードを入力していきます。

Googleアカウント オーナー確認画面4

これで、オーナー確認の作業は完了です。

Googleで情報が自動生成されている場合の対応

Googleで情報が自動生成されている場合は、Googleで店舗名を検索した際に、ナレッジグラフを確認すると、営業時間等が記載されている部分の下に「このビジネスのオーナーですか?」という表示がされています。すでに住所や電話番号の情報はGoogle側で紐付けられていますので、そのまま「このビジネスのオーナーですか?」をクリックします。

Googleアカウント このビジネスのオーナーですか?

詳細はビル名等の住所や、電話番号は後から変更できますので、まずは自動生成されている内容で進めていきます。
その後は上述の「オーナー確認をする」の手順と同じですので、そちらをご参照ください。

既に誰かがオーナー確認を行っている場合

既に誰かがオーナー確認を完了させている場合には、「店舗を新規登録する」の際に「他のユーザーが既にオーナー確認を済ませています」と表示がされます。それが誰であるかわかるのであれば、その人に権限の追加をしてもらえばいいだけですが、誰だかわからない場合には「オーナー権限をリクエスト」ボタンをクリックして手続きを進めます。

Googleアカウント オーナー権限をリクエスト

「続行するにはご登録の情報を現在のオーナーと共有してください」という表示画面に切り替わりますので、プロフィールの公開・権限レベル・ビジネスとの関係、それぞれにチェックを入れ、リクエストを送る担当者の名前と電話番号を入力して、送信ボタンをクリックします。

Googleアカウント 他のユーザーがGoogleでこのビジネスを管理しています

申請から7日経過して現状の管理者から応答がなかった場合には、申請を行ったGoogleアカウントよりオーナー確認の手続きが必要となります。申請日から7日経過したら、申請時に届いたメールのリンクをクリックします。
Googleアカウント リクエストを表示

その後の手続きは「オーナー確認をする」の手順と同様ですが、リクエスト後オーナー確認を行う場合、PINコードを取得する方法が郵送だけでなく、メールまたは電話ですぐに確認をすることができる場合があります。

その場合には手続きを進めていくと、現状登録されている電話番号とメールアドレスが表示されます。表示された電話番号とメールアドレスで対応がすぐにできる場合には、郵送よりも早く、その場でオーナー確認を完了させることが可能です。

Googleマイビジネスの管理方法

MEO対策に効果的なGoogleマイビジネスの管理方法

Googleマイビジネスは、複数のGoogleアカウントからアクセス・管理を行う事が可能です。

Googleマイビジネスでは、権限を与えられたユーザーは、「オーナー」「管理者」「コミュニケーション管理者」の3段階で権限の付与される範囲分けがされます。

オーナーとは、あるGoogleマイビジネスを管理するメインのアカウントという位置づけです。オーナーとして設定できるのは、ひとつのGoogleアカウントのみで、すべての権限が備わっている状態です。Googleマイビジネスの管理者を追加したり、削除したりするのは、オーナーのみ行なうことができます。同様に、登録したGoogleマイビジネスの店舗情報を削除できるのも、オーナーのみが対応可能です。

次に管理者ですが、管理者はオーナーの次に与えられる権限が多くなっています。ビジネス情報を編集できる他、YouTube動画の管理や、ハングアウトオンエアの管理が可能になっています。

最後に「コミュニケーション管理者」ですが、こちらの権限を持つことで口コミへの返信等、限られた範囲での行動ができるようになります。

このように権限のレベルをうまく使い分けることで、社内外の管理を円滑に行なうことができるようになります。

まとめ

Googleマイビジネスの登録方法について、ここまで解説をしてきました。
Googleマイビジネスを活用した店舗集客は、今後どんどん発展していくことかと思います。やり始めるのであれば、早め早めの対応が望ましいですね。

弊社ではMEO対策を行なう上での登録のサポートも行っております。お問合わせはメールフォームより24時間受け付けておりますので、こちらのMEO対策お問い合わせフォームからご連絡ください。

こちらの情報は2017年9月時点での情報となりますが、変更点があれば随時更新をしてきたいと思います。