MEO対策で行うべき、Googleマイビジネスの運用更新方法まとめ

MEO対策の第一歩!ユーザーの目に止まる新しい情報を更新しよう

Googleマイビジネスを運用するときに、どういったことを更新していけばいいかがわからないかもしれません。

Googleマイビジネスの運用において、ユーザーの目に止まる新しい情報を更新することの重要性について、今回は解説をしていきます。

MEO対策では、情報の更新性も上位表示をするためのポイントになってくる可能性があります。Googleは、ユーザーのニーズに正しく答えることを重視しています。

私たちがお店や会社を探すときにも、なるべく最新の情報を提供している会社のほうが信用できますよね。Googleも同じで、最新の情報を多く提供している会社や店舗を評価する傾向にあります。多くの新しい情報をGoogleマイビジネスに投稿し、更新を続けている会社のほうが評価されがちなのです。ですので、Googleマイビジネスを運用するときには、情報の更新性にも注意しましょう。

SEO対策においても、ひとつのサイトの更新頻度、つまりユーザーが求める新しい情報を常に更新し続けているかどうかという点は、上位化に繋がるための重要なポイントと言われています。

今回はMEO対策の一環として、Googleマイビジネスを運用するときにどのようなコンテンツを、どのように発信していくのがよいのか、詳しく説明をしていきます。

MEO対策の基礎について詳しく知りたい方は、以下の記事にて説明しておりますので、まずはこちらを御覧ください。

MEO対策とは?初心者でもわかるMEOのメリットと方法まとめ
MEO対策の方法とそのメリット、考え方をイチから解説しているページです。MEO対策のために何をすればいいのか、どのような情報を載...

\MEO対策の無料相談はこちらから/

03-6690-1621

受付時間10:00~18:00(土・日・祝休み)

メールでのお問い合わせはこちら

Googleマイビジネス運用で重視すべきポイント

MEO対策で重要なポイント

Googleマイビジネスにおいては、正確かつ新鮮で有益な情報を提供していくことが店舗の価値を高めることになります。店舗の価値が高まるということは、それだけ上位表示の可能性が高まるのです。

ご自分が検索をしたときのことを考えてみてください。お店を探していて検索をしたときに、電話番号が変わっていたり、移転をしたりしても古い情報のままだったりして、イラっとしたことはありませんか?逆に、最新の情報をどんどん更新しているお店は信用できますよね。Googleとしてもそのような会社を評価するのです。

MEO対策において、Googleマイビジネスの情報を更新していくのはとても大事なことなのです。

Googleマイビジネスでは、基本的な情報だけではなくユーザーに対して常に新しい情報を発信し続けていくために様々な機能が備わっています。しかも、そのほとんどを無料で利用することができるのです。

ここからは、具体的にどのような情報を更新していくべきなのか、どのような方法で更新していくのかについて説明します。あらゆる機能を有効に活用して、新たなコンテンツを発信し続けることで店舗価値を高め、MEO対策に役立てていきましょう。

MEO対策で更新すべきマイビジネス項目4つ

MEO対策で更新すべきマイビジネス項目3つ

1.情報

Googleマイビジネス内で、「情報」の項目で編集ができる内容です。Googleマイビジネスにログイン後、「ターゲット地域を管理」から該当するビジネス情報を選択し、表示された画面の右上「編集」ボタンから情報の編集を行うことができます。または、左側リスト内の「情報」からも同じ画面を開くこともできます。

営業時間や祝日などで通常と営業時間が変わることがある場合には、こちらから更新を行うようにしましょう。店舗名や店舗のカテゴリ、電話番号やウェブサイトのURLに変更があったときも、こちらから必ず修正を行ってください。

さらに「属性」の欄もしっかりと情報を追加したほうがいいいです。属性については随時Googleが新しい属性を追加している場合があります。こまめに新しい属性が追加されているかどうかを確認して、適用すべき属性が出てきた場合にはチェックを入れるようにしましょう。

2.写真

写真はユーザーがよく目にする部分です。写真が充実していることで、ユーザーの興味を惹くことができ、ユーザーに自社のページを長くみてもらえます。そのことから、Googleも写真の充実度を判断のひとつとしている可能性があります。

古い写真ばかりが表示されていても、それはユーザーの求める情報であるとは言えませんので、定期的に更新をしていくのが良いでしょう。新しいメニューやサービスを増やした際には、関連する写真を追加していくことが望ましいです。

Googleストリートビュー(屋内版)が導入されている方が、よりユーザーの興味を引き立てます。360°パノラマ写真で店内の様子がわかるので、ユーザーの興味を喚起し来店を増やせる可能性があります。

ちなみに、弊社では高いクオリティのGoogleストリートビュー(屋内版)の撮影・公開も行っています。御依頼の際は、MEO対策お問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

3.投稿

Googleマイビジネスの「投稿」機能は、2017年6月22日に公開された機能です。ブログに近いものですが、特に新しく準備する必要がなく、気軽に始めていくことができます。

こちらの投稿機能は写真などと併せてボタンなどを設定して、期間が定められているイベント等の情報を発信していくのに適しています。ある期間内にフェアを行うことが決まっている場合やセミナーなどを実施する場合、新しい商品を発売する際などは、こちらの機能を使用してユーザーに情報を届けていくことができ、かつ「予約」や「購入」などのボタンを設置することができるのです。

特別なイベントを行っていない…という場合にも、飲食店であれば旬の食材に関する情報であったり、店舗に新しく入った従業員の情報を掲載することもできます。その他の投稿機能の詳しい説明は、Googleマイビジネス投稿機能の活用方法についての記事にてご紹介しています。

MEO対策においてはこちらの機能を使用して、一定的にユーザーに情報を発信し続けることが有効であると考えられていますので、これまで活用したことがない方も、まずは試しにひとつ投稿を行ってみましょう。

4.口コミへの返信

Googleマイビジネスでは、一般のユーザーが店舗に対する口コミを投稿することができます。ユーザーはその口コミの内容と評点を見て店舗の良し悪しを判断しますが、Googleマイビジネスにおいては、その口コミに対する店舗の対応を見ることもできるのです。

必ずしもすべての口コミに対して返信を行う義務があるわけではないですが、返信を行ったほうが良い理由があります。

例えば少々辛辣な口コミが投稿された場合、店舗の情報を見にきているユーザーがそれだけを見れば、ただ印象の悪い店舗であるという感想で終わってしまいます。しかし、そういった口コミに対し誠実な返信を行いしっかりと改善をしていく姿勢を見せることで、ユーザーの悪い印象を軽減することが可能になります。

こういった理由からも、どのような口コミであってもなるべく早めに返信を行っていくことが望ましいです。

まとめ

MEO対策の第一歩として、Googleマイビジネスの運用方法を紹介してきました。Googleマイビジネスでは、ユーザーの目に止まる新しい情報を更新することが重要なのです

Googleは、「ユーザーが求める新鮮で有益な情報」を常に高く評価します。SEO対策に限らず、MEO対策でも同じことがいえるのです。ぜひ信頼性がある情報を早く更新していきましょう。

特に、Googleマイビジネスにおいては日々新たな機能が続々追加されています。これらは、すべてユーザーにとって新鮮で有益な情報を届けるための機能です。そういった機能を活用して、ひとりでも多くの見込み客の目に止まるようにし、店舗の価値を高めていくことがMEO対策です。

MEO対策を行いたいという方は、MEO対策お問い合わせフォームから24時間承っておりますので、是非一度ご連絡ください。