MEO対策・ローカルSEOで上位表示を成功させる具体的な方法とは

MEO対策・ローカルSEOで上位表示を成功させる具体的な方法とは

MEO対策・ローカルSEOで上位表示を成功させる具体的な方法について解説をしていきます。

これまでMEO対策を行って上位表示が成功した場合の効果やメリット、準備段階についてのお話をしてまいりましたが、今回は、実際にMEO対策はどのようなことをしていけばいいのかということについて触れていきたいと思います。

MEO対策自体について詳しく知りたい方、MEO対策を行った際の効果やメリットを知りたい方は、 MEO対策で効果的に集客!Googleマップで上位表示する方法で詳しく説明していますので、まずはこちらの記事をご覧いただければと思います。

Googleは、「 Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する」で実際にMEO対策を行っていく上で、上位表示に必要な要素を公開しています。こちらの内容に基いて、実際に取り組んでいくべきことをまとめていきます。

\MEO対策の無料相談はこちらから/

03-6690-1621

受付時間10:00~18:00(土・日・祝休み)

メールでのお問い合わせはこちら

MEO対策で上位表示が成功する仕組み

まずはMEO対策で上位表示させるためには何が必要なのかを理解するために、上位表示される場合の要素について触れていきます。

検索ワードとマイビジネスの情報がマッチしていること(関連性)

ユーザーに業態やサービス名等の検索ワードを使ってGoogleマイビジネスの情報を発見してもらうためには、その検索ワードとGoogleマイビジネスに入力されている情報がマッチしている必要があります

検索ワードと全く関係のない業態やサービスの情報が出てきたところで、ユーザーにとってそれは利益とはなりえません。そのためGoogleは、ユーザーが使用している検索ワードに対して、そのユーザーが求めているものと思われるマイビジネスの情報を高く評価し、上位表示をするような仕組みを作っています。

ユーザーの検索している場所=位置情報に基づいた順位(距離)

たとえば東京にいるユーザーと大阪にいるユーザーが、同じ検索ワード「京橋_居酒屋」で検索を行ったとします。その際に検索結果が同じ表示になるかというと、そうではありません。

実際には、東京で「京橋_居酒屋」で検索を行った場合には、東京都中央区の京橋近辺の居酒屋の情報が表示されます。
大阪で「京橋_居酒屋」で検索を行った場合には、大阪府大阪市の京橋近辺の居酒屋情報が表示されるようになっています。
MEO対策 位置情報による検索結果の違い

このように、ユーザーの検索している地域によってGoogleは表示順位を変動させる仕組みを採用しています。

該当のビジネスの話題度・人気度の高さ(知名度)

著名な建造物やブランド名を持つビジネスは、上位表示がされやすくなっています。オフライン上での知名度の高さももちろんですが、WEB上にどれだけ多くの情報があるかということについても重要視されるポイントです。

検索結果上に該当のビジネスについて多くの記事があればそれは知名度が高い証拠です。逆にあまり該当のビジネスについての記事がない、つまり情報が少ない場合には知名度が低いとみなされます。

さらにGoogleマイビジネスに投稿された口コミの数やその評点なども、Googleは知名度の高さの指標として扱っています。多くの口コミが投稿され、さらにその評価が高い場合には、そのビジネスは知名度が高いとみなされ上位表示がされやすくなります。逆に口コミが少なく、かつ評価も低い場合には順位が上がりにくくなっているのです。

MEO対策で行うべきこと

ビジネスオーナーの確認

まず大前提として、Googleマイビジネスのオーナー確認が済んでいない場合には、様々な場面でユーザーにビジネス情報を発見してもらうチャンスを失っていることになります。まだGoogleマイビジネスのオーナー確認を行っていない場合には、まずはそこからはじめましょう。

Googleマイビジネスのオーナー確認の方法については、以前の記事 Googleマイビジネスの登録方法についてで詳しく説明していますので、こちらの記事を参考にしながら、オーナー確認を完了させるようにしましょう。

店舗情報はできるだけ詳細に!

Googleマイビジネス内に入力されている情報が、ユーザーの検索ワードとマッチしていることが上位表示に繋がることは前項で説明したとおりです。Googleマイビジネス内の情報を豊富にしていくことで、ユーザーが求める情報として検索ワードに対してマッチしやすくなり、Googleマイビジネスがユーザーに発見される可能性が高まります。

最新かつ正確な情報を伝えよう

Googleマイビジネス内の情報を出来る限り詳細に入力するだけでなく、さらに変更があった場合には随時更新していくようにしましょう。

Googleマイビジネスに入力されている情報と、Googleが集積した情報が一致しない場合や、ユーザーが修正報告をした場合などには、Googleマイビジネス内の情報が自動的に修正・更新される場合があります。

その際はGoogleマイビジネスログイン後の画面で、情報が更新された旨が通達されますので、日々確認をするようしましょう。そこで誤った情報に更新された場合には、適宜修正を行うようにしましょう。

通常営業時間と特別営業時間

見落としがちな部分ではありますが、こちらも正確な情報を都度更新することが大切です。

たとえば月曜日が定休日、祝祭日は営業を行っているという店舗があった場合です。月曜日が祝日だった場合に、特に何もしなければGoogle上では「定休日」として扱われてしまい、そこでユーザーを取り逃してしまうことになりかねません。

そのために、先数ヶ月の祝日スケジュールは常に正しい情報で埋めていくようにしましょう。

ユーザーとのコミュニケーションを図ろう

Googleマイビジネスの特徴として、ユーザーとビジネスオーナーがコミュニケーションを図ることができるという点があります。

ユーザーが口コミを投稿した後に、その口コミに対して返信を行うことができます。逐一返信対応を行うことで、各ユーザーの様々な意見を尊重していくことができ、ブランディングという観点から有効に活用していくことができます。

さらに、まだ訪問に至っていないユーザーがそのやり取りを見て、実際に現地に足を運ぶ可能性を高め、良い循環を作っていくことができるようになります。

文字だけでなく写真を使用して魅力を訴求する

Googleマイビジネス上に写真を掲載することで、ユーザーは求めている情報をもっと得やすくなります。

文章だけの情報と、文章と写真の情報があった場合に、前者に比べ後者は予約率が1.5倍にも上昇するというデータもあります。まだ写真を追加していない場合には、用意してたくさん追加していくようにしましょう。

まとめ

以上がMEO対策・ローカルSEOで上位表示を成功させる具体的な方法についての解説でした。

今回はGoogleが公開している内容に基づいて説明してきましたが、詳細なアルゴリズムについては非公開とされています。弊社ではそのアルゴリズムの解明に積極的に取り組んでおり、そういったノウハウもございます。
「ご自身でMEO対策を行ったもののうまくいかなかった。」「他社に依頼していたがなかなか上位化しなかった。」そんな場合にも、ご相談を承ります。
MEO対策についてのご相談はMEO対策お問い合わせフォームよりお待ちしておりますので、どうぞお気軽にご連絡ください。