MEO(ローカルSEO)とSEOの違いとは?期間や費用で比較してみた!

MEO対策(ローカルSEO)とSEO対策の違いとは?

MEO(ローカルSEO)とSEOの違いについて徹底解説をしていきます。MEO(ローカルSEO)という言葉を最近よく耳にするけども、SEOとは何が違うの?という質問をいただくことが増えてきました。今回は、MEO(ローカルSEO)とSEOは具体的に何が違うのかということについて、それぞれのメリット・デメリットを踏まえながら解説していきたいと思います。

こちらの記事を読んでそれぞれの特徴をよく理解した上で、今現在どちらの対策が有効で、必要とされる対策であるのかをしっかりと把握していきましょう。

\MEO対策の無料相談はこちらから。全国対応/

混みあっている場合にはおかけ直しください。

03-6690-1621

受付時間10:00~18:00(土・日・祝休み)

メールでのお問い合わせはこちら

MEOとSEO

MEOとは

MEOとは、Map Engine Optimizationの略称で「マップエンジン最適化」のことを指します。別名ローカルSEOとも呼ばれています。

具体的には、「エリア+業態」などの検索ワードでGoogle検索をした際に、検索結果に表示されるマップ枠に、対象の店舗情報を表示させるために行う対策のことを、MEO対策と呼んでいます。

検索結果に表示されるマップ枠には、3店舗のみ情報が表示される仕様となっていて、この3枠内への表示が成功した場合には、競合よりも必然的に露出が増えますので、ブランディングの効果を発揮するだけでなく、シェアを刈り取っていくことができます。

Googleマップ枠 MEO

SEO対策とは

SEO対策とは、Search Engine Optimizationの略称で「検索エンジン最適化」のことを指します。こちらはオーガニック検索結果の上位に、対象のサイトを表示させるために行っていく対策のことを指します。

ユーザーはある一定の目的を持ってキーワードを入力し、検索を行います。ユーザーが求める適切な情報を持つサイトを、すぐに見つけてもらうことができれば、そこからコンバージョンが発生する可能性は一気に高まっていきます。

逆に、せっかくサイトにユーザーが求める情報が掲載されていても、検索結果100位近くの掲載であったり、表示されていなかったりしたら、ユーザーにサイトを見つけてもらうことは難しいですよね。そうならないために行うべき対策が、SEO対策と言えるでしょう。

オーガニック検索結果

MEO対策・SEO対策それぞれのメリット

MEO対策・SEO対策それぞれのメリット

MEO対策

目立つ位置に表示させることができる!

MEO対策の最大のメリットは、オーガニック検索よりも上部に、独立したマップ枠として表示され、通常の検索結果よりも目立つ形で表示されます。そのため、MEO対策が成功して3枠内に表示がされれば、クリック率はかなり高まっていきます。また、電話や経路検索等の行動を促しやすい仕様になっているので、コンバージョンにも繋がっていきます。

対象のキーワードにてリスティング広告が出稿されている場合には、マップ枠よりも上部に表示がされますが、リスティング広告は年々入札単価が高騰していること、さらにユーザーの広告離れによるクリック率の低下を考えれば、MEO対策の方が断然、費用対効果が高いと言えるでしょう。

短期間で効果を実感できる!

MEO対策はきちんと施策を行っていけば、1~2週間程度で成果が出ます。その点はSEO対策に比べかなり短期間で効果を実感でるようになりますので、その点もMEO対策の長所と言えます。

SEO対策

オーガニック検索結果で1位表示された場合のクリック率は21%にも及ぶ

Internet Marketing Ninjasが発表したデータによると、2017年現在の検索順位別のクリック率は下記の通りとなっています。

検索順位 クリック率
1位 21.12%
2位 10.65%
3位 7.57%
4位 4.66%
5位 3.42%
6位 2.56%
7位 2.69%
8位 1.74%
9位 1.74%
10位 1.64%

ユーザーの広告離れにより、リスティング広告はクリック率が非常に低迷してきている中で、オーガニック検索結果上から情報を得ようとしています。そのオーガニック検索結果の順位1位と2位でも2倍程度、さらに1位と10位では同じ1ページ目であるにも関わらず、10倍以上もクリック率に差が出ていることがわかります。表示順位によってそれほどにサイトへの流入数が変わってくるため、SEO対策で上位に表示させるメリットは計り知れません。

\MEO対策の代理店の相談はこちらから/

03-6690-1621

受付時間10:00~18:00(土・日・祝休み)

メールでのお問い合わせはこちら

MEO対策・SEO対策それぞれのデメリット

MEO対策・SEO対策それぞれのデメリット

MEO対策

一定の拠点に実店舗を持つ業態のみが対策可能

目立つ位置に表示ができ、ユーザーの行動に直結させることのできるMEO対策ですが、実は実店舗を持つ業態のみが施策の対象となっています。実店舗を持たない業態等では、Googleマイビジネスに登録をすることができないため、MEO対策を実施することができません。

飲食店や美容室、病院等、一定の範囲・地域に拠点を置く業態に対しては非常に高い効果を発揮することができますが、実店舗を持たないECサイト等においてはMEO対策の適用範囲外となっています。

SEO対策

長期にわたる施策が必要

まず一般的に言われるのが、SEO対策においては長期に渡る施策が必須です。SEO対策自体、サイトの構築や記事の更新など様々なアプローチを長く続けていくことが必要になるので、1日2日の作業ですぐに効果を得られるものではありません。なかなかSEO対策の効果を実感できない期間が長く続くため、その点は留意しておく必要があります。

高額な費用が発生する

SEO対策を外部の企業に依頼する場合、相当な費用が発生します。社内ですべてを担う場合にも、かなりの人的リソースがかかってきます。

ペナルティのリスクがある

施策方法によってはペナルティのリスクも伴います。一時的に流行した手法ですが、リンクを買って、自社のサイトに被リンクを張っていく等のブラックハットSEOについては、現在Googleはかなり厳しく対応を行っています。一度ペナルティを受けると、順位を戻すためにもかなりの作業工数と時間が必要です。

まとめ

以上がMEO対策とSEO対策の違いについての解説でした。それぞれのメリット・デメリットはご理解いただけましたでしょうか。

残念ながらMEO対策を実施することのできる業態は限定されてしまいますが、実店舗をお持ちであるのならば、メリットのこれだけ多いMEO対策は今すぐに行うべきだと言えます。

弊社では、数多くのMEO対策の実績がございますので、導入をお考えでしたらMEO対策お問い合わせフォームより24時間お問合わせを受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

\MEO対策の無料相談はこちらから。全国対応/

混みあっている場合にはおかけ直しください。

03-6690-1621

受付時間10:00~18:00(土・日・祝休み)

メールでのお問い合わせはこちら

MEOの記事一覧に戻るにはこちらから