2018年MEO対策最新情報!何故今MEO対策が必要なのか?

2018年MEO対策最新情報!何故今MEO対策が必要なのか?

2018年MEO対策最新情報、何故今MEO対策が必要なのか?ついて解説をしていきます。

MEO対策という言葉自体、今でこそいろいろな場面で聞く機会が増えてきました。これまでは知っている人は知っている、という状態だったのに、何故今MEO対策がここまで話題になっているのか考えたことはあるでしょうか?
今回は様々なデータを元に、MEO対策が今必要とされている理由についてお話をしたいと思います。

MEO対策って何?という方は、 MEO対策で効果的に集客!Googleマップで上位表示する方法にて詳しく解説をしておりますので、まずはこちらをご覧ください。

\MEO対策の無料相談はこちらから/

03-6690-1621

受付時間10:00~18:00(土・日・祝休み)

MEO対策が何故今必要なのか

スマートフォン利用者の推移

【MEO対策が何故今必要なのか】スマートフォン利用者の推移

MEO対策は、スマートフォンユーザーにとっては非常に高い効果を発揮します

ニールセンデジタル株式会社の発表した「Digital Trends 2017 上半期」によると、2017年4~6月におけるスマートフォンでのインターネット利用者数は、6000万人を超えるとの調査結果が出ています。パソコンでのインターネット利用者数は2011年がピークとなり、ほぼそのときの数値と並ぶ形になっています。

このようにスマートフォンからのインターネット利用者数が年々増加してきている中で、MEO対策ではスマートフォンの利用者をターゲットに集客を行うことができます。
スマートフォンで「渋谷_居酒屋」等のキーワードで検索を行うと、かなり目立つ形でGoogleマップ枠が表示され、さらにそこから簡単に経路検索や、予約の電話、ウェブサイトへのアクセスができるような仕組みになっています。

スマートフォンユーザーに対し、MEO対策をおこなってアプローチをしていくことで、見込み客を次のアクションへと繋げていくことができるので、集客に大きく貢献させることができるようになるのです。

リスティング広告との関係

2016年2月19日、Googleはこれまで画面右側に表示させていたリスティング広告枠を廃止しました。同時に、検索結果上部と下部のリスティング広告表示枠を増加させることとなりましたが、ユーザーの広告離れが進んでいる今、リスティング広告のCTR(クリック率)はかなり低下してきています。

こういった状況においてMEO対策を行い、より目立つ位置でGoogleマップ枠へビジネス情報を表示させることによって、ユーザーを刈り取ることが可能になります。

右側の広告枠が減ったことによって、必然的にGoogleマップ枠のCTRは上昇しています。さらにGoogleマップ枠は上部のリスティング広告枠のすぐ下に表示されますが、自然検索結果よりも上に表示されるようになっています。ユーザーの広告離れが進んでいる今、一番最初にユーザーの目にとまるのはこのGoogleマップ枠です。

このように、MEO対策を行なってGoogleマップ枠への表示に成功すれば、露出をどんどん拡大していくことができるのです。

Googleマップ枠の変移

【MEO対策が何故今必要なのか】Googleマップ枠の変移

2018年2月現在、検索結果に表示されるGoogleマップ枠は、ビジネス情報が最大でも3つまで表示される仕様となっています。広告が表示され3つ以上表示されるようになることもありますが、広告を除けば最大でも3つまでの表示です。

以前は、検索結果に表示されるGoogleマップ枠は、ビジネス情報は最大7つまで表示されていました。それが2015年3月時点で仕様が変更され、現在の3つまでの表示へと変移しました。

Googleマップ枠に7つものビジネス情報が表示されていれば、順位によってばらつきはあるものの、ユーザーはその中である程度分散されてしまいますが、それが3つまで減ったことで、4~7位に流れていたユーザーを食い止めることができるようになりました。

3枠内に上位表示が成功することで、以前であれば4位以降に流れていたユーザーの目に留まる可能性がぐっと上がってきます。

MEO対策をいますぐにやるべき理由

MEO対策をいますぐにやるべき理由

MEO対策は、先行者メリットがかなり大きな対策です

その理由としては、GoogleはGoogleマイビジネスのガイドラインの中で、上位表示に成功するための条件として、対象のビジネスの知名度が高いことがひとつの要因であると公開しています。

MEO対策を正しく行い上位化が成功すれば、それだけ多くの人の目に触れる機会が増えます。さらにそこから、Googleマイビジネス上での経路検索や電話、予約等のアクション数が増加し、来店数が増加すれば、Googleからの評価がぐっと上がることになります。Googleマイビジネスにはユーザーが口コミを投稿することが可能になっていますので、クチコミの件数が増えそこでも評価としてはプラスのポイントとなります。

MEO対策を行って1度が成功すれば、このようにプラスの効果が自然に増加することに繋がり、結果としてビジネス情報を日々育てていくことができるようになるのです。
逆に、後から上位表示させたいと思っても、既に着々と力を付けている競合が存在すれば、そちらを超えるにはかなりの力が必要になります。

このようにMEO対策は早め対策を行った店舗が良い結果を生みやすい仕組みになっているため、すぐに対策を行うことがカギとなっているのです。

まとめ

以上が2018年MEO対策最新情報、何故今MEO対策が必要なのかについて解説でした。
前述の通り、MEO対策は先行者メリットの非常に大きな対策です。始めるかどうかを悩んでいるのであれば、できる範囲ではじめるべきだと言えるでしょう。

自分でMEO対策を行ってみたものの、なかなか上位表示がうまくいかない場合や、MEO対策を依頼したい等のご相談があれば、MEO対策お問い合わせフォームよりどうぞお気軽にご連絡ください。