MEOとは?その方法とポイント、口コミ・評判を全てまとめてみた

MEOとは

MEOとは?

MEO

MEOとは、Map Engine Optimization(地図エンジン最適化)の略称のことです。検索結果上部のマップ表示部分にある3枠のエリアの中に表示をする対策と、Googleマップで検索した際に自分の店舗を上位に表示するための対策のことをいいます。

Google検索では、検索結果のランキングを決める「検索エンジン」がありますが、Googleマップにも何を表示するかを決定する「マップエンジン」があります。このマップエンジンのロジックに最適化して、自分の店舗を上位表示することをMEOというのです。

このMEOと似た概念として「SEO」があります。SEOは「サーチエンジン最適化」のことであり、同じように検索エンジンのロジックに最適化することをいいます。MEOは、このSEOの地図版ということで、ローカルSEOとも呼ばれます

以上のように、「MEO」とはマップエンジンに最適化することで、マップでの検索で上位に表示するための施策のことをいうのです。

GoogleとMEO

MEOにおいて対策をしていくのは、Googleの検索結果に表示されるGoogleマップに対してです。Googleが提供するサービスに対して、対応していかなくてはならず、Googleの方針に沿って施策をしていくことがMEOには求められます。

そのためには、GoogleがGoogleマップなどのマップに対してどのような方針を持っているかを知らなければいけません。ではGoogleの方針を調べますが、Googleのミッションは次のように公式サイトに書かれています。

Googleの使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです

このミッションに沿って、Googleは現実世界の情報を整理しています。これはGoogleマップにおいても同じことが言え、Googleストリートビューにおいては全世界の写真や情報を撮影・掲載しており、マップサービスに大きな力を入れています。

さらに、Googleは自動運転車の事業も行っています。Googleマイビジネス上のマップの情報と自動運転車のサービスが密接にリンクすることがわかります。自動運転車がGoogleマップの情報を持つことで、自分の求めるものを提供してくれる店舗に自動で移動してくれるのです。

つまり、Googleマップの方針として、Googleマップの情報は欠かせないものであり、正確な情報が掲載されることを重視しているのです。このことを知ると、MEOの重要性がわかっていただけるかと思います。

\MEO対策の無料相談はこちら。全国対応/

混みあっている場合にはおかけ直しください。

03-6690-1621

受付時間10:00~19:00(土・日・祝休み)

メールでのお問い合わせはこちら

MEOが絶対に必要な理由

MEOが必要な理由

Googleマップに正確な情報を掲載することの重要性はおわかりいただけたと思います。では次に、MEO(地図エンジン最適化)が必要な理由を解説します。

MEOとSEO

検索結果上で自社のWEBサイトを上位表示するための対策はSEO(検索エンジン最適化)と言われます。Google検索ができてから多くの人がSEOを行い、検索結果での上位表示を目指してきました。

ですが、競合が増えたことやコンテンツ重視となってきたことで、SEOはとても難しくなり、検索結果で1位に表示するのが難しくなってきたのです。

このような状況でSEOよりも低価格で効果を発揮できるのがMEOなのです。というのもMEOでは、SEOによって表示される検索順位1位よりも上位に自分のお店を表示することができます

検索結果を見てみてください。検索結果において、マップ部分が検索1位よりも上に来ていませんか?このようにMEOでは、検索結果で上位を獲得できることで、ユーザーに見てもらえる可能性が高まるのです。

SEOに力を入れるのもいいですが、MEO対策をしっかり行うのがおすすめです。

MEOとリスティング広告

次にリスティング広告とMEOの関係をみていきます。昨今、リスティング広告はその効果が落ちていることが多く指摘されています。

それは競合が多く参入し、オークション性であるリスティング広告において単価を上げていることが原因と考えられます。単価が上がることで、リスティング広告から得られる利益が減っているのです。

また、ユーザーが広告をクリックするのを避けるようになったというのも原因と考えられます。

MEOはリスティング広告の下に表示されますが、広告とは認識されていないのでリスティング広告よりもユーザーの目をとらえることができると考えられます。さらに、MEOはリスティング広告よりも低単価で行うことができるというのも魅力でしょう。

スマートフォンユーザーの増加

世間ではスマートフォンがまたたく間に普及し、日本全国だとその所有率は79.4%(※1)に達しています。

※1:スマホ・ネイティブの新行動 「情報引き寄せ」―「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」を実施|ニュースリリース|博報堂DYメディアパートナーズ

多くの人がスマートフォンを利用して検索を行うことで、検索結果で上位に表示されるマップ部分をみています。スマートフォンの画面はパソコンよりも小さいので、余計に上位に表示されるマップ部分ががみられる傾向にあります

MEOとスマートフォンはとても相性がよいといえるのです。スマートフォンユーザーに向けてMEOを行う必要があるといえます。

Googleマップユーザーの増加

また、スマートフォンの普及とともに、Googleマップのアプリを多くの人が利用するようになりました。スマートフォンを持ち歩くことで、目的地に向かうのにGoogleマップをナビとして利用しているのです。

Googleマップでは、目的地を入れると関連するお店が表示されます。たとえば、今いる場所でGoogleマップを開き、「居酒屋」と入力してください。いくつかのお店が表示されたと思います。

これはランダムで表示されているのではなく、MEOで評価されているお店が表示されているのです。このようにGoogleマップで上位に表示されることで、Googleマップを利用するユーザーに自分のお店を見てもらえる可能性が高まったのです。

だからこそ、MEOを行ってGoogleマップ上で上位に表示されるようにするのがとても重要なのです

MEOは地域ワードに強い

MEOはマップに関連する施策です。ですので、地域名がとても関係してきます。

あなたも「居酒屋 新宿」「歯医者 福岡」などのように、「業種名+地域名」で検索したことはありませんか?このような地域名と業種名での検索はとても多いので、対策をすることで集客が見込めるようになるのです。

MEOをすることで、「業種名+地域名」の検索で大きな力を発揮するのです。

MEOは費用対効果が大きい

MEOはGoogleマイビジネスに対して対策を行う施策となります。

MEOは成果報酬での支払いか定額での支払いとなりますが、基本的に単価は安いです。成功報酬ですと日額900円程度であり、定額でも月額で2万円ほどとなります。

そのような低価格ながらも、Googleの検索結果で上部に表示されることから、その集客効果はとても大きいです。

低価格にも関わらず大きな集客を得られることから、MEOは他の広告や集客手段と比べても実施すべき手法なのです。

MEOによって検索結果で大きく表示可能

ナレッジグラフ MEO

MEOには、「ナレッジグラフ」という表示形態があります。これはどういうものかというと、上の画像を参考にしてください。

このナレッジグラフによって表示されるボックスのことを「ナレッジグラフカード」といいます。「ナレッジパネル」と呼ぶこともあります。Googleは、ナレッジグラフ開発の理由を以下のように述べています。

この度、Google では、コンピューターが現実世界の ”モノ” や ”モノとモノの間のつながり” を認識して検索結果をお返しできるように、「ナレッジグラフ」を開発しました。
ナレッジグラフは、5億7千万以上の人や場所、ものごとに関する情報と、180億以上の属性や関連性を含む構造化されたデータベースを持ち、入力されたキーワードが何を意味するかを把握して、検索結果を表示する新しい仕組みです。

引用:ナレッジグラフが発表されました – Google 検索 ヘルプ

ナレッジグラフは、 ユーザーがいち早く検索ワードに対する最適な情報を得られるよう、2012年にGoogleによって開発されたものです。

このナレッジグラフ、何がすごいかといいますと、ある検索キーワードでの検索結果においてとても大きく1社のみが表示されるのです。通常、検索結果のマップ部分には3店舗が表示されますし、検索結果には10サイトが表示されます。

そんななかナレッジグラフに表示されると、最も目立つようなエリアに、とても大きく表示されることができるのです。このナレッジグラフに表示されるためにもMEOは必須といえます。

ナレッジグラフに表示するためにもMEOを行いましょう。

MEOはターゲットに合っている

先ほども述べましたが、MEOでは「業種名+地域名」で検索されたときに、表示されるものへの対策となります。ということは、この検索を行うユーザーは目的と場所がはっきりと決まっているのです。

つまり、購買意欲がとても高いお客様といえます。こういったお客様は、その目的に合ったお店の情報が出てきたら、あなたの商品を購入する可能性が高いのです。それによって、MEO対策にかけた費用をペイしやすくなります。

MEOを行うことで、購入していただけるお客様を獲得しましょう。

MEOは電話やサイト訪問につながやすい

MEOを行うことで、電話での問い合わせや自社サイトへの流入を増やすことができます。

というのも、Googleの検索結果に表示されるマップ部分には、電話番号や公式サイトへのリンクが表示されるからです。

例えば、居酒屋を探していて目的のお店の名前がわかったとします。その際に検索でそのお店を調べて食べログなどのサイトで電話番号を調べたことはありませんか?

MEOであれば、Googleマイビジネスの情報のなかに電話番号ボタンがありますので、わざわざ食べログなどのサイトを経由する必要がないのです。

電話をすぐにかけれられるので、MEOを行うことで電話での問い合わせや公式サイトの流入を増やすことができるのです。

MEOの方法

MEO

ここでは、MEOの方法を簡単に解説します。詳しい方法を知りたい方は、『MEOって知ってる?その意味を誰でもわかるように解説してみる』のページを参考にしてください。

MEOの方法1.Googleマイビジネスに登録

MEOを行うには、マップに表示されなければいけません。そしてGoogleマップに表示されるには、Googleマイビジネスに登録をしなければなりません。

Googleのアカウントがない場合には、こちらよりGoogleアカウントの登録を行ってください。アカウントがある場合には、そのメールアドレスとパスワードでログインしてください。

ログインしたら、店舗の情報が登録されていない状態なので、「場所を追加」のボタンより店舗を登録します。「ビジネス名」に店舗名を入れた後に、「ビジネス所在地」に店舗の住所を入れてください。

その後、「サービス提供地域」を選択します。ビジネス所在地の周囲のキロメートルや地域名を選択してください。その後、自身のビジネスのカテゴリを選択しましょう。こちらは入力するとサジェストで候補がでます。

その後も情報を入れていき、完了します。その後、ビジネスオーナーの確認を行いましょう。

MEOの方法2.内部対策

店舗のマイビジネスアカウントを作成したら、いよいよMEOの対策を行っていきます。

「内部対策」とは、Googleマイビジネス内の情報を最適化することをいいいます。マイビジネス内の「情報」や「投稿」などの情報修正、写真の追加、「口コミ」への返信を行うことです。

MEOにおいて、これらの情報を充実させることがまず第一に重要となります。そして、そのあとはそれぞれのテキストをGoogleのマップエンジンのロジックに合わせていく作業を行います。

MEOの方法3.外部対策

MEOの外部対策とは、サイテーション対策や別サイトからのリンクのことを指します。サイテーションとは、他のサイトに店舗名や住所や電話番号、URLが記載されるかということをいいます。これには公式サイトの情報を充実させることも含みます。

SEO対策でも他サイトからのリンクというのは、評価のひとつとなっていますが、MEOにおいてはリンクがなくても表記があることが評価されます。下でも説明をしますが、「関連性」や「知名度」が高いということで評価されているということです。

また、サイテーションには口コミを含みますが、Googleははっきりと口コミをMEOでの評価基準のひとつであるとしています。ですので、口コミを多く投稿してもらえるようにお客様に働きかけましょう。

このようにMEOではサイテーションの対策を行うことで、MEOにおける上位表示を達成することができます。

MEOで上位表示するポイント

MEO 上位表示

MEOにおいて上位表示するときの考え方・ポイントをGoogleは明かしてくれています。それは以下のように説明されています。

ローカル検索結果では、主に関連性、距離、知名度といった要素を組み合わせて最適な検索結果が表示されます。たとえば、遠い場所にあるビジネスでも、Google のアルゴリズムに基づいて、近くのビジネスより検索内容に合致していると判断された場合は、上位に表示される場合があります。

関連性
関連性とは、検索語句とローカル リスティングが合致する度合いを指します。充実したビジネス情報を掲載すると、ビジネスについてのより的確な情報が提供されるため、リスティングと検索語句との関連性を高めることができます。

距離
距離とは、検索語句で指定された場所から検索結果のビジネス所在地までの距離を指します。検索語句で場所が指定されていない場合は、検索しているユーザーの現在地情報に基づいて距離が計算されます。

知名度
知名度とは、ビジネスがどれだけ広く知られているかを指します。ビジネスによっては、オフラインでの知名度の方が高いことがありますが、検索結果にはこうした情報が加味されます。たとえば、多くの人に知られている著名な美術館、ランドマークとなるホテル、有名なブランド名を持つお店などは、ローカル検索結果で上位に表示されやすくなります。

ビジネスについてのウェブ上の情報(リンク、記事、店舗一覧など)も知名度に影響します。Google でのクチコミ数とスコアも、ローカル検索結果の掲載順位に影響します。クチコミ数が多く評価の高いビジネスは、掲載順位が高くなります。ウェブ検索結果での掲載順位も考慮に入れられるため、SEO の手法もローカル検索結果の最適化に適用できます。

Google では、掲載順位を上げるためのリクエストや金銭の受け取りには一切応じておりません。検索アルゴリズムの詳細は、すべてのユーザーにとって可能な限り公平なランキング システムを構築するために機密情報となっています。

引用:Google のローカル検索結果の掲載順位を改善する – Google マイビジネス ヘルプ

このように、GoogleはMEOにおいて「関連性」「距離」「知名度」を重視しているとのことです。ここでは、MEOにおいて重要なそれぞれの指標について詳しく解説します。

関連性

関連性とは、検索ワードと店舗の情報のマッチするかのことです。例えば、飲食店のマイビジネスを運営していたとして、カテゴリに「居酒屋」や「飲食店」が入っていなかったり、説明文のなかに居酒屋に関連するキーワードが入っていなかった場合、Googleはその店舗が居酒屋かわからず、検索キーワードと店舗が結び付かないのです。つまりGoogleとしては関連性が低い、という判断となるのです。

MEOにおいては店舗の情報はしっかりと記入し、検索ワードとの関連性がわかるように、店舗の業種がわかるように記述をしましょう。

距離

検索ワードの中に含まれる地名にある店舗が優先的に表示されます。また、その地名のなかでも、駅に近い店舗が上位に表示される傾向があるともいわれています。どの地名で表示されるようにするかを考える必要があります

検索ワードのなかに地名を含まないときには、検索しているユーザーの位置と店舗の距離が近いものが優先的に表示されます。

知名度

MEOでは、知名度も意識する必要があります。知名度とは、オフライン・オンライン両方の知名度のことを指します。

オンラインでは、色んなWEBサイトで紹介されているお店は、それだけ人から評価されているからこそ色んなサイトで紹介されているといえますよね。つまり、多くのサイトやSNSで話題になっているお店ほど知名度が高いと判断されて、MEOでは評価されるのです。ウェブ上の被リンクや紹介記事、Google上の口コミなども評価に影響します。

オフラインにおいても同じことがいえます。帝国ホテルなどのホテルやスカイツリーなどのランドマーク、カルティエやグッチなどのブランドなどのブランド店など、多くの人に知られているお店ほど上位に表示されやすいのです。

このような全国的に有名ではなくても、その街の人に有名な場所もこの知名度が適用されます。たとえば、駅はどの地域でも知名度が高いですよね。現にMEOでは駅に近いほど評価されやすい傾向にあるようです。

MEOの口コミ・評判

MEOの口コミ

ここでは、MEOを行った人の口コミを紹介します。弊社のお客様の声もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 若いお客さんにもっと来てもらいたいと思っていました。スマホユーザーのPRに効果的と説明をされたこともあり、MEOを行ってみました。MEOを行って半月ほどで、若い層の新規のお客さまからの問合せが目に見えて増えました。費用もあまり高くないのもあり、とても満足しています。
  • 当店は開店前からMEOの導入を決め、開店とほぼ同時期くらいに上位表示を達成しました。お店として場所や店名を知ってもらうことが重要ですが、MEOによってその目的を達成できたと思います。実際の集客にもすごい効果がでていると感じます。グーグルのお店ページの中に、イベントや割引きの情報が出せるのもよいですね。
  • 飲食店なのですが、MEOを行う前には某グルメサイトに掲載をしており、かなり広告費がかかってしまっていました。MEOを行うことで、周辺で検索しているような方がとても増えたように思います。グルメサイトへの掲載も減らすことができました。
  • 歯医者なのですが、ホームページで集客ができていませんでした。そこでMEOを依頼したところ、地域名と業種名での検索結果で上位表示ができました。今では、インプラントのお客様がとても増えましたので満足しています。

\MEO対策の無料相談はこちら。全国対応/

混みあっている場合にはおかけ直しください。

03-6690-1621

受付時間10:00~19:00(土・日・祝休み)

メールでのお問い合わせはこちら

TOPページはこちら