MEO対策の効果を測ろう!Googleマイビジネスのレポート機能活用方法を伝授!

Googleマイビジネスのインサイトにおけるレポート機能活用方法

MEO対策を行ったときに、その効果が出ているのかどうかはどのように判断すればよいでしょうか?せっかく施策を行ったのに、効果が出ているかわからないと改善することもできません。MEO対策においてもほかの施策と同じでPDCAを回していかなければならないのです。

では、どのような方法でMEO対策の効果を確認すればよいのでしょうか?

Googleは、Googleマイビジネスのなかに、分析のためのツールを用意してくれています。それが「インサイト」です。

ここでは、MEO対策の効果を測るためのGoogleマイビジネスの「インサイト」の使い方、レポート機能の活用方法を解説していきます。

Googleマイビジネスのインサイトの項目の見方ついては、以前MEO対策に効果的!Googleマイビジネス活用方法と集客効果の記事で説明しました。

しかし、ただGoogleマイビジネスの画面上に表示されるインサイトの情報を見るだけでは、MEOの効果を測定することはできません。シーズンごとにユーザーの行動の推移を確認したい場合や、MEO対策を行ってその効果測定を行いたい場合などには、インサイトのレポートをダウンロードすることで過去のデータを確認・比較しなければいけないのです。

今回は、MEO対策の効果を測定する時に必要になる、インサイトのレポート作成方法について、詳しく解説をしていきたいと思います。

\MEO対策の無料相談はこちらから/

03-6690-1621

受付時間10:00~18:00(土・日・祝休み)

メールでのお問い合わせはこちら

MEO対策のためのレポートのダウンロード方法

インサイトレポートをダウンロードするためには、まずはGoogleマイビジネスにログインをしてください。

ログインをして、ビジネス情報の一覧画面が表示されたら、最下部「ビジネス情報」に移動します。もしログインしてすぐに「ターゲット地域を管理」という画面が表示される場合には、「ビジネス情報を管理」ページの、左側のメニューの一番下の項目「Googleマイビジネスの以前の管理画面に戻る」をクリックしてください。

以前の管理画面に戻れば、「ビジネス情報」の上部右側に「インサイトをダウンロード」というボタンがありますので、そちらをクリックします。

管理するビジネスが複数ある場合には、特になにもしなければ、ログインしたアカウントに登録されているすべてのビジネスのレポートがダウンロードされます。

管理するビジネスが複数あり、そのうちのひとつ、またはいくつかだけデータをダウンロードしたい場合には、ビジネス情報をリスト表示に変更し、レポートをダウンロードしたいビジネスの左側にあるチェックボックスにチェックを入れましょう。そうすることでチェックを入れたビジネスのデータだけがダウンロードされるようになります。

Googleマイビジネスインサイトレポート01

するとポップアップが表示され、「検索に関するインサイト」「写真」「電話」の3項目が選べるようになります。このうち必要なデータを選んだら、「レポートを作成」をクリックします。

MEO対策の効果測定を行う際に確認するのは、主に「検索に関するインサイト」のデータです。

Googleマイビジネスインサイトレポート02

いずれも、続けてデータを確認したい期間を指定する必要があります。デフォルトでは直近の「7日」「30日」「90日」分のデータを指定することができるようになっていますが、それ以外の期間を選択したい場合には「カスタム期間」を選択し、確認したい期間の開始日から終了日までを入力します。終了日については、直前の2日前までの指定が可能です。

データを確認したい期間を指定し、右下の「ダウンロード」をクリックするとCSVファイルのインサイトレポートが自動でダウンロードされます。

同じビジネス内で2つ以上の期間を比較したい場合には、期間毎にそれぞれ別々にダウンロードをしていく必要がありますので、都度作業をするようにしましょう。

Googleマイビジネスインサイトレポート03

ダウンロードしたレポートが文字化けしている!?

残念ながら、現状インサイトのレポートをダウンロードしてそのまま開くと、ほとんどが文字化けして正確なデータが確認できない状態になっています。

この問題の回避方法については、下記の手順で解消することが可能です。

  1. ダウンロードしたデータを右クリック→「プログラムから開く」で「メモ帳」を指定
  2. メモ帳では文字化けせずに表示できていることが確認できたら、「名前を付けて保存」
  3. その際文字コードを「ANSI」または「UTF-8」に指定して保存

上記の手順を踏んでから、新たに保存したファイルを開けば、文字化けしていない状態のデータを確認することができるかと思います。

インサイトレポートがダウンロードできないときは

「ダウンロードが有効になっていない」というアラートが表示されている

ビジネス情報一覧画面でリスト表示にした際に、対象のビジネスにおいて「ダウンロードが有効になっていない」というアラートが表示されている場合には、インサイトのレポートがダウンロードできません。

厳密に言えば、数値だけはダウンロードできますが、複数のビジネスを選択している場合には、どのデータがどのビジネスのものなのかを把握することができなくなっています。

このアラートが表示されてしまっている場合には、そのすぐ横に「ダウンロードを有効にする」というボタンが表示されていますので、まずはそちらをクリックします。

Googleマイビジネスインサイトレポート04

そうすると「情報の確認」という表示とともに、対象のビジネスの詳細画面にジャンプしますので、記載されている内容に誤りがないか確認をした上で、最下部の「送信」ボタンをクリックします。こちらの作業を行うことで、問題は解消されるはずです。

Googleマイビジネスインサイトレポート05

万が一、エラーが発生して送信ができない状態になってしまった場合には、少し時間を置いてから、再度同じ作業を行ってみましょう。

オーナー確認が行われていない

インサイトのレポートをダウンロードするための大前提となりますが、オーナー確認がされていないビジネス情報については、インサイトレポートをダウンロードすることができません

まずはオーナー確認を行ってから、その後にインサイトのレポートをダウンロードするようにしましょう。

MEOの効果測定

MEO対策を行って、上位表示が確認されたらその効果を測定する必要が出てきます。その際にもこちらのインサイトのレポート機能を使用していきます。

上位表示が成功する直前の1ヶ月間と、上位表示が成功した日から1ヶ月間のデータを比較すると、殆どのケースで表示回数だけに限らず、ウェブサイトへのアクセス数や、通話数などのユーザーの反応回数が増加していることが確認されています。これが半年間や1年間など、中長期的にデータを比較すると、さらに大きな差が出ることになります。

実際に上位表示がされて、その後の効果についてがよくわからない…とお思いの方も、インサイトのレポート機能を活用していくことでわかりやすく、効果を可視化していくことが可能です。

まとめ

以上がGoogleマイビジネスのインサイトにおける、レポート機能の活用方法について解説でした。いかがでしたでしょうか。まだこれからこちらのレポート機能については新たな機能が付随される可能性も十分にあるかと思います。その際はまた情報を更新していきたいと思います。

弊社ではMEO対策はもちろん、効果測定のデータ作成も行う事が可能です。ご相談などございましたら、是非MEO対策お問い合わせフォームまでお気軽にご連絡ください。