MEO対策に効果的!Googleマイビジネス活用方法と集客効果

Googleマイビジネスの集客効果と活用方法について

Googleマイビジネスの活用方法と効果について解説をしていきます。本記事では、Googleマイビジネスを活用することで、どのような効果が得られるのかを詳しく説明していきたいと思います。また、Googleマイビジネスを正しく運用していけば、MEO対策の効果を生むことにも繋がっていきます。

Googleマイビジネスの登録方法についてはGoogleマイビジネスの登録方法についてで紹介していますので、併せてご確認ください。Googleマイビジネスをしっかりと活用して、店舗集客により役立てられるように、正しい知識を持って運用ができるようにしていきましょう。

\MEO対策の無料相談はこちらから/

03-6690-1621

受付時間10:00~18:00(土・日・祝休み)

Googleマイビジネスとは?

Googleマイビジネスは、Googleが無償で提供を行なっているサービスです。Googleマイビジネスへの登録を行なうと、Googleのオーガニック検索結果やGoogleマップ等、インターネット上の様々な場所に、店舗や施設の情報を表示させたり、掲載することが可能になります。

Googleマイビジネスの運用においては特に専門的な知識は必要がありません。自社でサイトを新たに作成して毎日更新をしていくよりも、遥かに手軽に運用していくことが可能です。

登録を正しく行うことで、Googleで社名や店舗名で検索した際に、検索結果右側にナレッジグラフを表示させて、ユーザーに対してアピールをすることができます。ナレッジグラフには、Googleマイビジネス上で入力した店舗の営業時間や電話番号、住所などの情報が掲載されます。そのため、店舗までの経路をその場ですぐに確認することができたり、ワンクリックで予約の電話をすることができるようになるので、集客の効果が非常に高まります。

MEO対策 ナレッジグラフ画像

また、適切な情報が入力・蓄積されていくことで、対象のビジネスに対するMEO対策にも繋がります。MEO対策とは、Googleで「地域名+業態・サービス」といったキーワードで検索をした際に、対象のビジネスを3枠内に表示させることを指します。MEO対策を実施することでユーザーが店舗を見つけやすくなるため、新規顧客の取得に大きな効果を発揮していくこととなります。

Googleマイビジネスによる集客効果

Googleマイビジネスの情報を充実させていくことで、特に見込み客に対しては、高い集客効果を発揮するようになります。たとえばAとBという飲食店があったとします。Aの店舗は、外観や内観、メニュー等の写真をたくさん公開し、ストリートビューも導入しています。

営業時間やお店の特徴なども記載されており、電話もすぐにかけることが可能で、店舗までの経路もすぐに検索ができる状態になっています。対するBという店舗は、公開されているのはGoogleが自動的に生成した簡易的な情報だけで、どのような特徴を持った店舗なのかは、さらに別のサイトなどから調べていかないとわからない状態です。

同じエリアの同じ業態であったとしても、Aの方がユーザーにとってはユーザーの求める情報を多く含んでおり、見込み客はその情報の中からAを選択する理由を見つけやすくなっています。Googleマイビジネスでの集客効果をより高めていくには、情報をより充実させて、ユーザーが求めていると思われる情報をたくさん更新していくことがポイントです。

Googleマイビジネスの活用方法

Googleマイビジネスでは、ユーザーがその場所について発言することができる「口コミ機能」と、店舗側が新しい情報を発信していくことのできる「投稿機能」があります。

評価の良し悪しに関わらず、口コミが多い店舗はそれだけ人が集まっている場所であるという証拠です。店舗に対する様々なユーザーの様々な意見を目にすることが可能なだけでなく、店舗側から投稿された口コミに対して返信を行うこともできます。いい評判の口コミがつけばそれに対してお礼のコメントを返してリピートを促すことができますし、逆に辛口の評判がついた場合にも、返信機能を利用することで不満を持ったユーザーに対してアフターフォローを行い、ブランド価値を高めていくためのツールとして活用することができます。

投稿機能は2017年6月から運用が開始された新しい機能です。この投稿機能を利用することで、店舗からの最新情報を発信していくことができるようになります。たとえば、「この日は何時から何時まで貸切営業です」「新メニューを発売します」「イベントを開催します」等の、その日毎の新しい情報を、ユーザーに発信していくことができます。また、投稿機能を利用して作成した記事の中では、予約や申込等のボタンが用意されています。投稿を見たユーザーがすぐに行動にうつせるような仕組みになっていますので、ユーザーのアクションを促していくことが可能です。

このように、Googleマイビジネスはユーザーと店舗をつなぐコミュニケーションのためのツールとして活用していくことができます。

様々なデータは「インサイト」で確認できる

Googleマイビジネスでは「インサイト」から様々な情報を確認することができます。インサイトは簡単に言うと、Googleマイビジネスの情報を、どのくらいユーザーに見られているかということを確認するためのツールです。ビジネス情報を見つけたユーザーがどの程度の人数で、どのような行動をとったのかを確認することもできるので、MEO対策を行った場合の効果測定にも利用することができます。

ユーザーがビジネスを検索する方法

こちらはユーザーが店舗や施設の名前や住所を検索して、該当店舗を探し出した「直接検索」と、「地域名×業態・サービス名」等で検索をし、該当店舗の情報が表示されアクセスに至った「間接検索」の割合を確認することができます。

MEO対策 ユーザーがビジネスを検索する方法

ユーザーがビジネスを検索したGoogleサービス

ここでは、ユーザーがどのような経路から該当店舗を発見したのかを確認することができます。「検索のリスティング」ではGoogleのオーガニック検索結果に該当店舗の情報が表示された回数、「マップのリスティング」はGoogleマップ上で検索をして該当店舗の情報が表示された回数が確認できるようになっています。

MEO対策 ユーザーがビジネスを検索したGoogleサービス

ユーザーの行動

ここでは、ユーザーが該当店舗の情報を閲覧した後、どのような行動を起こしたかが確認できます。指定された期間内に、Googleマイビジネス経由でウェブサイトにアクセスされた回数、所在地までの経路検索がされた回数、電話がかけられた回数、これらすべての行動のトータルの回数を確認することができます。

MEO対策 ユーザーの行動

運転ルートのリクエスト

こちらでは、該当店舗までの運転ルートがどの地域から多く検索されたかを、ヒートマップで確認することができます。より多く検索された地域が赤く表示され、おおまかな都道府県名や地名での検索回数も確認できます。

MEO対策 運転ルートのリクエスト

電話着信件数

過去、ユーザーがGoogleマイビジネスの情報を見て、そこから電話をかけてきた回数が確認できます。曜日、時間帯毎に表示を切り替えられるので、それぞれでよく電話がかかってくるタイミングを把握することができます。

MEO対策 電話着信件数

写真の閲覧数/写真の枚数

同業他社がマイビジネス上に公開している写真と比較して、枚数の多さとその表示回数の多さがどのような関係であるかを示すものです。こちらのグラフを元に、写真の枚数の多さを把握し、少なければ増やしていく目安として使用します。

MEO対策 写真の閲覧数・枚数

その他

こちらはインサイト上で見れる場合と見れない場合がありますが、「混雑する時間帯」「訪問の滞在時間」という項目が表示されている場合があります。こちらはGoogleが、スマートフォン等のロケーション履歴をオンにしているユーザーから匿名データを抽出し、自動で計算して出しているデータとなります。訪問者数がピークに達する時間と、その場に訪問者が滞在している平均時間を確認することができます。

MEO対策 その他

まとめ

Googleマイビジネスにおける集客効果と、その活用方法について解説をしてきました。GoogleマイビジネスはGoogleが展開するサービスというだけあって、今後もまだまだ新しい機能が追加されるかもしれません。現状の機能を十分に理解した上で、今後追加されるであろう新機能も活用していけることが望ましいですね。

また、Googleマイビジネスの基本機能と併せてMEO対策を行なうと、より一層集客効果を発揮できます。MEO対策を検討されている方は、MEO対策お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。